脱毛といった場合、脇の部位、デリケート部位、足、背中、顔の部位など、これからの季節に露出する機会が増えるだけに、大いに気になりますよね。

特にお肌の脱毛に関しては、鼻の下のムダ毛のみならず、産毛もお肌のくすみの原因になったり、お化粧塗りを悪くしたり、女性にとっては、無視できない問題をはらんでいます。

かといって、エステに通えば費用がかかるし、自分で脱毛してますという人も多いようです。

その場合は、脱毛クリームを使ったり、かみそりやシェーバーを使ったり、脱毛テープを使ったりなど、それぞれに涙ぐましい努力をみなさんされているようですね。

いずれの方法をとるにせよ、気をつけなければいけないのは、お肌の乾燥と色素沈着です。

しっかりアフターフォローをしていかなければ、どんな方法もあだになってしまいます。

自力で脱毛をしていくという場合、そういった脱毛後の処理の面倒くささもあって、顔の脱毛も含めてエステを利用しているという人も多いようです。確かに費
用はかかりますが、エステでの脱毛なら、専門家の美肌に関するアドバイスを受けることができるし、後々のことを考えれば、お肌にとってはより健康的な効果
を生むことはできるかもしれません。

そういった脱毛、特に顔脱毛の方法をまとめてみました。それぞれに一長一短あります。また、お肌質も、それぞれに違いがありますから、自分の肌質にあった方法を試してくださいね。


エステを利用する場合

「光脱毛」、「レーザー脱毛」、「イオン脱毛」など、最新機器を使った永久脱毛が可能。ただし、少なくとも5?6回は通う必要もあり、割高。5千円?10万くらいまで幅があり。

脱毛クリーム使用

3分程度のお手軽脱毛。痛みはない。つるつる肌を実現できる。ただし、ムダ毛といっしょに角質層も溶かすので、お肌の乾燥を呼びやすい。かなり強い刺激をお肌に与える。

フェイスパック

古い角質層も一緒に除去してくれるので、美肌効果も期待できる。ただし、パックの塗り斑を起こしやすいので、完璧な脱毛は難しい。

脱毛テープ、毛抜き

お手軽、安価。一本一本脱毛していくので、完璧な脱毛を期待できる。ただし、手間がかかる、お肌への刺激や負担も大きい。

 

 

男の髭の永久脱毛であればやはりレーザー脱毛がいいです。

 

女性の髭の場合は、光脱毛で十分だと思いますが男性の髭は毛根が深いので、レーザーでないと脱毛仕切れません。

 

 

理想は美容電気脱毛ですがとても痛いし高いので、レーザーでやっても残ってしまったヒゲだけ美容電気脱毛がいいでしょう。

ページの先頭へ戻る